東経大が今、熱い!
2016 / 02 / 27 ( Sat )
 昨日NHKの人気番組ファミリーヒストリー」宮本亜門(演出家)シリーズが放映された

その中で東京経済大学(国分寺)の創始者「大倉喜八郎」が取り上げられた。
大倉翁は日本経済を作り上げた一人で、人材育成にと大学(当時は大倉高商)を作った。
村上先生(元学長)がキャンパス内の新しくなった大倉資料館で解説。
宮本亜門さんの祖父が重役をした「大倉鉱業」(戦艦大和の製造工程に関わる)が紹介された。

東経大には日本初の 「コミュニケーション学部」 があります(現在は幾つかの大学にも出来る)。
今この学部が学生に人気!!。
コミュニケーション関連分野で活躍出来る人材の養成を目的とする。
(1) メディアコース
(2) 企業コース
(3) グローバルコースがある。(詳細は東経大ホームページへ)

1月19日に私がこの 「コミュニケーション学部」 川浦ゼミナールの 「ゲスト講師」 を務めた。
蕎麦店「磊庵」について話しをして欲しいという要請を受けたからだ。
(浅学な私でいいのか?とも思ったが母校のお役に立てればと思い引き受けた。)

 ”お客さん(国内、国外)とどのように、又どういう所に注意して”コミュニケーション”を図っているか等”。
実践を通しての話しである、学生さんは熱心に聞いてくれた。
(自慢話が多かった様に思ったが学生は辛抱強かった。)
その熱意に感謝!!
でもこれからの「時代を担う人達」と私はみた。
これからが楽しみ!!
CIMG7541.jpg



スポンサーサイト
07 : 06 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |