13th International Symposium on Buckwheat in Korea.(ソバシンポ韓国で開催)  知っていましたか?世界のそば事情
2016 / 09 / 17 ( Sat )
 「第13回国際ソバシンポジュウム」 が9月7日から11日まで韓国で開催された。
  wCIMG1296.jpg wCIMG1063.jpg wCIMG1222.jpg wCIMG1199.jpg (7日ー8日は”チョンジュの忠北大学” 9日ー11日は”ピョンチャン”でシンポジュウムは5日間)
今回は忠北大学で開催された「国際ソバシンポジュウム」に磊庵の庵主萩原正人と女将の恵子の2人が出席しました。(欧州スロベニアのときは庵主のみ)
 シンポジュウムは1980年から3年に一度各国持ち回りで開催。(会議の最終日に次回の開催国を参加者全員で決める)。
 北欧、東ヨーロッパ、ロシア、中国、オーストリア、インド、日本から約200人以上の参加者(郊外イベント含む)でソバの研究報告、情報交換をしました。
 4年前に中谷伸一さん(現在は全麺協の会長)に案内され ”ピョンチャンのソバ祭り” スケールの大きな祭りでソバマッコリを飲んだり、チジミ、ムーなどを試食。今回はそば店の調査もあり二度目の韓国訪問。

* さあ!ー韓国へ
 9月6日の朝8時にインチョン空港に到着、バスでソウル駅に,電車の時間があったので昼食に”プルコギトッパン”を食べました。驚いた事にそこのご主人が親切に写真を撮ってくれました(嬉しかった)。、ソウルからオソンまで KTX(高速電車)に乗車、オソン駅からチョンジュのホテルまではタクシーで到着(1時30分頃)。 
 ”ホッと”する間もなく外出、”チョンジュのそば店ー「コングァンティー」”へ そばの試食と調査に出かけました。 店の女主人に 「韓国のソバ事情の調査に日本から来ました」 と告げると ”氷の入った特製のそばつゆ” を出してくれました(感激!!)。麺は機械めんのように思われましたが心使いが嬉しかった。
 
wCIMG1045.jpg CIMG1043_201610211756330ff.jpg CIMG1042_20161021175650ef6.jpg



 
* 知ってましたか?
 この様に韓国にも日本と同じ「そば切り」を出す店があるんです。、善光寺お開帳の時 らいあん に来られた韓国旅行者のガイドさんが 「ネ~韓国にもそば店は普通にありますヨ~」 との言葉を信じられなかったんですが、日本と同じく一般食堂のメニーに 「そば切り」 がありました。今回は時間の都合で行けませんでしたが、そば手打ちの専門店も有ります。「結構味にこだわり、価格もよいそば店」が今 韓国で人気が出ているようです(日本の製粉業者の話) また今回京都のそば店、日本そばチェーン店のスタッフの方の参加は特筆すべき事でした。
 * 旅のモットー 
話しは変わりますが、海外研修の時はその国の言葉を話すように努めています。
今回はーハングルに挑戦!! 冷や汗をかき乍らも何とかハングルを使い旅をしました。無事に日本に帰ってこれたので私のハングルも通じたんでしょう、、、もっとも韓国の方が旅行者慣れしていたのかも(笑)。
 各国のソバ研究者と再会して親好を深めたり、新たな方とお話しをしました。
私のこんな姿をみて女将は 「外国語を話せたら楽しいだろうなァ~」 とため息ともつかない感想をもらしていました。(ホントは相手の言う事を理解しようと必死なんですが)。
 写真も300枚以上撮ってきました。
 次回報告します。
  お楽しみに!!
スポンサーサイト
17 : 08 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |