FC2ブログ
「内藤とうがらし」って何?
2015 / 11 / 30 ( Mon )
「内藤とうがらし」って何なの?
とお思いの方がいらっしゃると思います。少し説明します。

  フリー百科辞典「ウィキデア」によりますと、
*-「内藤とうがらし」とは、江戸時代に現在の東京周辺で栽培されていたトウガラシの一種。 いわゆる江戸野菜の一つにも数えられる。明治以降は東京の都市化に伴い栽培されなくなっていたが、消耗 品種とはならず2012年現在も保存されている。
  ー概説ー
 ー「内藤とうがらし」は、江戸時代に信州高遠藩主内藤氏の江戸藩邸下屋敷(現在の新宿御苑)の菜園で栽培を始めたのを発端に、近郊の農村でも盛んの栽培された八房系唐辛子で、真っ赤に成熟したものは漬物用や香また七色唐辛子の代名詞である薬研堀にも使われ、江戸の食文化を支えた伝統的な江戸野菜の一つーと説明があります。

*成田重行氏は2008年にこの”唐辛子”の再現と町おこし(新宿御苑)を仕掛けたのです。
そして今年の9月に「内藤とうがらしサミット」を開催し、新宿区民総参加(区民はじめ中学生、大学生、各種団体、企業も参加)  で盛大に開催されました。
スポンサーサイト
14 : 34 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<収穫祭(そば教室) | ホーム | 新宿御苑、内藤トウガラシの仕掛け人ー成田重行来る>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://raianhagiwara.blog.fc2.com/tb.php/117-5a1fb30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |